«  2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月21日

2017-11-21 pre1.jpg
2017-11-21 post1.jpg

2017-11-21 pre2.jpg
2017-11-21 post2.jpg

2017-11-21 pre3.jpg
2017-11-21 post3.jpg

50代 女性の患者さま

以前の修復物のやり替えです。

もう全然印象が違います。

かなりのセレブ感が(笑)

お口の中に銀歯がのぞくと

昭和な感じがしてしまいます。

前のブログの方もそうですが

歳を重ねてくるといきなり金属アレルギーを発症してしまうケースがあります。

昔の歯科治療で多用したアマルガムとかは

水銀を含んでいますので出来るだけ早く外した方が良いでしょう。

保険の金属はパラジュウム合金ですが

先進国で使っているのは日本だけです。。

国が健康ではなくコストで算出した合金です。

まあ、気にしなければ安価でイイですが

身体の事を思ったら使いたくない金属ですね。

金属アレルギーの患者さま

最近、多いように感じます。

左上6番を修復しました。

2017-11-20 101551_Std.JPG

ジルコニアでも問題無いのですが

ジルコニアは金属イオンを内包しています。

気分的になんかイヤでしたので

オールセラミックスのE-maxを選択しました。

最近では500Mpaまでの強度がありますから

女性でしたら充分に奥歯でも対応可能です。

あと削り方ですが

強度を確保するために

全周ヘビーシャンファー 厚みを持たせます。

2017-11-20 095349_Std.JPG

シリコンでの精密印象で技工士さんに製作を依頼します。

2017-11-20 095430_Std.JPG

まだ型取りは必要な作業ですが

あと何年もしないうちにスキャンによる光学印象に変わってゆくでしょうね。

2017年11月10日

2017-11-10 pre1.jpg
2017-11-10 post11.jpg

2017-11-10 pre2.jpg
2017-11-10 post2.jpg

2017-11-10 pre33.jpg
2017-11-10 post3.jpg

30代 女性の患者さま

full classⅡdiv2

ANB -7°

骨格的上顎前突症例です。

完璧を目指すなら

下顎のアドバンスの外科症例ですね。

大学病院の矯正科に在籍していた時代は

受け口 下顎前突の外科症例の患者さまを多く受け持っておりましたが

開業してからは

上顎前突の患者さまが圧倒的に多くなりました。

上下顎のズレが大きいので

上顎前歯は内側に入った感じの仕上げになってしまいます。

でも deep bite も改善しましたし

横顔のラインもスッキリしてイイ感じではないでしょうか。

2017年10月30日

2017-10-30 pre.jpg
next2.png
2017-10-30 post.jpg

ご友人の結婚式があり

歯のマニキュアをご希望で来院されました。

上顎4~4までマニキュアを施術しました。

よ~く見るとアラも目立ちますが

パッと見は全然キレイです。

よくどれ位もちますか とご質問を受けますが

一般的には2週間位です。

ただ、かたいものが当たったりすると

けっこう簡単にはがれたりすることもございます。。

あくまでも一時的な見た目の改善ですね。

2017年10月25日

2017-10-25 pre.jpg
next2.png
2017-10-25 post.jpg

20代 女性の患者さま

もうどうしたの?と言う感じのお口の中です。

残せない歯も何本かありそうですが

簡単に抜歯の選択はいたしません。

抜いてインプラントにした方が労力も少なく

金銭的にも有利なのですが(笑)当医院は自分の歯にこだわります。

生活に支障のないよう とりあえずTek(仮歯)を製作しました。

次回から根の治療を行います。

2017年10月21日

2017-10-21 c1.jpg

CARISOLV

う蝕をやわらかくし 除去する虫歯治療剤 です。

クロラミン反応により

1.壊死組織を柔らかくする 
            壊死組織を除去しやすくする

2.健康な組織はそこなわずに保つ 
            低侵襲

3.抗菌性
            カリソルブを使用する部位を殺菌する

4.非毒性

と言う特徴があります。

症例ですが右上7番のカリエス

カリソルブ治療をご希望でnet経由で来院されました。

2017-10-21 c2.jpg

かなり深いカリエスで ふつうにバーで切削していたら

たぶん神経を取る治療になるでしょう。

カリソルブをう窩に30秒作用させ

刃のついていないカリソルブ用のエキスカで軟化象牙質を除去していきます。

2017-10-21 c3.jpg

途中で口蓋側が破折しました。

深い虫歯です。

2017-10-21 c4.jpg

カリソルブを満たしながら

どんどん軟象を取ります。

2017-10-21 c5.jpg

キレイになりました。

が。。やっぱりピンポイントで露髄してしまいました。

通常でしたら抜髄も考慮なのですが

ラバーをしカリソルブでの処置でしたので

絶対的に無菌です。

MTAで裏装し、今回は仮封で終了しました。

次回MTAが固まりましたら充填処置ですね。

カリソルブ 今回のように神経を取るか、取らないかのギリギリの症例でも

大いに役立ちます。


2017年10月13日

2017-10-13 115013_Face.JPG

2017-10-13 115037_Face.JPG

2017-10-13 115424_Std.JPG
2017-10-13 115333_Std.JPG

総入れ歯の作り替えです。

当医院は基本

矯正~審美歯科をメインで診療しておりますが

入れ歯も実は得意としております。

矯正の考え方と義歯の製作はとても共通項が多いのです。

違うのは歯があるかないかだけ。。

入れ歯の基本は吸着をどこまで追求するかですが

顎位が決まらないと

吸着する型取りが出来ないのです。

当医院ではステップごとに最低4回程度は型取りを行います。

保険では型取りの費用は1回のみしか認められておりませんが(笑)

症例ですが微妙に床、歯列が大きくなり

吸着度が上がりました。

見た目も微妙ですが

しわが減りイイ感じではないでしょうか?

2017-10-13 pre.jpg
2017-10-13 post.jpg

プラークやバイオフィルムの除去

矯正装置周辺の歯面清掃

軽微~ガンコなステイン除去にエアーフローを用います。

粒子径25μm~65μmのパウダー(主成分がグリシン~炭酸水素ナトリウム)により

ブラシでは除去出来ない歯面清掃を行います。

2017年9月26日

2017-09-26 pre.jpg
next2.png
2017-09-26 post.jpg

40代 女性の患者さま

前歯をキレイにしたいとご紹介により来院されました。

メタルボンドで修復されている歯は神経がない状態です。

根の治療のことを歯内療法と言い

欧米では歯を残す最後の治療として

歯内療法の専門医(endodontist)は大変尊敬されています。

一般医も含めた統計ですが

欧米での歯内療法の成功率は80%以上

対して日本では50%前後と言われています。

解剖学的な問題

直視出来ない、手探りな治療。。最近はマイクロで見えるようになってきましたが

そして一番の問題は

しっかりしようとすると時間がかかること

当医院では根の治療に初回では1時間以上

2回目以降も40分は取ります。

一般的なDRは患者さま1人 15分枠でこなしますから

よほど簡単な根の形態でないと

しっかりとは治療できないでしょうね。。

最初に歯内療法をしたDRでその歯の寿命は大きく違います。

この患者さまも根の治療をやり替えましたが

右上2番は根尖病巣が大きすぎて

残念ながら抜歯となりました。

で、3~3のジルコニア・ボンドのブリッジで修復しております。

全顎、やり替えをご希望ですのでまだまだゴールは先ですが

とりあえず、素敵な口もとになりました。

2017年9月22日

2017-09-23 pre1.jpg
2017-09-23 post1.jpg


2017-09-23 pre2.jpg
2017-09-23 post2.jpg


2017-09-23 pre3.jpg
2017-09-23 post3.jpg

2017-09-23 pre4.jpg
2017-09-23 post4.jpg


2017-09-23 pre5.jpg
2017-09-23 post5.jpg

2017-09-23 pre6.jpg
2017-09-23 post6.jpg


2017-09-23 pre7.jpg
2017-09-23 post7.jpg

10代 女性の患者さま

歯並びを治したいとご紹介により来院されました。

小さい頃 転倒し右上2番が抜けてしまったそうです。

もちろん歯科を受診しましたが

再植等はしないで経過観察だったそうです。。

動的治療期間 1年7か月 でした。

右上は抜歯せず3番を2番の形態に見えるよう調整しています。

左上下、右下の小臼歯 3本EXTさせて頂いてます。

日常的に運動をしている患者さまなので

やはり代謝が良いのでしょうね。

比較的短い時間で仕上がりました。

E-line に乗った素敵な口もとになりましたね。


comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
すずき歯科・矯正歯科医院 院長 鈴木 茂行
http://www.suzuki-ortho.com/

すずき歯科・矯正歯科医院
院長 鈴木 茂行

【経歴】
1988年
日本歯科大学(東京校)卒業
1988~1993年
日本歯科大学矯正学教室
1993~1995年
目黒区審美歯科勤務
1995年
鈴木歯科・矯正歯科医院

【所属学会】
・FACE
(The Foundation for Advanced
Continuing Education)
 USA矯正学コース修了
・日本歯科臨床研究会矯正学インストラクター
・日本矯正歯科学会
・日本口腔衛生学会
・日本先進インプラント医療学会

【趣味】
サーフィン
お神輿