«  2017年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年5月23日

2017-05-23 114917_Face.JPG

2017.5.21(日曜日)

村岡秀明 先生 

「患者満足度向上の為のパーシャルデンチャーとは」

講習会に参加して参りました。

以前、村岡先生の総義歯の講演会には二度ほど参加しておりましたが

今回は局部床義歯のお話。

いやぁ~相変わらず軽妙な語り口で

面白くもあり、ウンウンと頷く話ばかりで大変参考になりました。

これからの臨床に生かします。

つかみの小話をひとつ

象の牙は側切歯だそうです。

牙が折れたらどうするの?

増歯

2017年5月20日

2017-05-20.jpg

30代 男性の患者さま
歯の隙間が気になるとご来院されました。

右上1番が過去にぶつけて、根の成長が途中で止まり
不完全な状態での根の治療で終わっていました。
変色が強く見られます。

2017-05-20 pre2.jpg

マウスピース矯正により歯と歯の隙間を閉じ
並行して11の根の治療をやり直しました。

2017-05-20 post.jpg

11をジルコニア・ボンドにて修復

2017-05-20.jpg
next2.png
2017-05-20 post.jpg
2017-05-20 post2.jpg

もう全然違いますよね。

素敵な口もとになりました。

2017-05-13 170703_Std.JPG

根の先に病巣が出来ている状態を

慢性根尖性歯周炎と言います。

通常は根の治療をやり直し、治癒を目指すのですが

異物(根充材)が根尖の先に出てしまっていたり

炎症が取りきれない場合は

最後の手段で外科的な処置を施します。

この患者さまも4~5年前に根の治療をやり直し

当医院でセラミックを装着しておりましたが

前医の処置の根充材を押し出してしまったのでしょうね。

根の先の病巣が治りきらず

腫れてしまったと来院されました。

ホントに最初に根の治療をするDRの腕で

その歯の寿命は決まると思います。

欧米の根の治療の成功率は一般的には80~90%

根の治療の専門医では97%と言われています。

対して日本では50%前後です。

まあ保険治療で欧米並みの結果を出せと言われても困る部分もありますが。。

当医院で最初に手を付けた根の治療であれば保険でも

80~90%は大丈夫です(笑)

写真が悪いですが

歯根端切除の様子です。

歯茎を開き

病巣を掻把し 根の先端を骨のレベルでCUTし逆根充

骨に置換される薬を置き 歯茎を戻し終了です。

2017年4月29日

2017-04-29 190619_Std.JPG

左下6番 ジルコニア・クラウンです。

set直後の写真なので

咬合紙のあとや セメントアップ時の歯茎の出血が見えますね(汗)

ジルコニアの正式名称は

高密度位焼結体セラミックス

色々なメーカーから色々な種類のものがでていますが

透光性のあるものですと

かなりキレイに仕上がります。

初期は真っ白だったのですが。。進歩しました。

強度も900~1200MPaありますから丈夫ですよ。

6番7番には最適です。

2017年4月22日

2017-04-22  pre1.jpg

40代 男性の患者さま
右上1番の歯の変色が気になると来院されました。
右側がクロスバイト傾向にあり
かみ合わせの癖で
11が強くたたかれてオーバーロードを起こし
壊疽~根尖性歯周炎を起こしていました。
通法により感染根管処置を行っております。

2017-04-22  pre2.jpg

仮歯の状態

2017-04-22  pre3.jpg

ホワイトニング後

2017-04-22 post1.jpg
2017-04-22 post3.jpg

最終補綴
ジルコニア・ボンドです。
イイ感じですね。

2017-04-22  pre1.jpg
next2.png
2017-04-22 post1.jpg

2017年4月12日

2017-04-12 pre1.jpg
2017-04-12 post1.jpg

2017-04-12 pre2.jpg
2017-04-12 post2.jpg

2017-04-12 pre3.jpg
2017-04-12 post3.jpg

2017-04-12 pre4.jpg
2017-04-12 post4.jpg

2017-04-12 pre5.jpg
2017-04-12 post5.jpg

2017-04-12 pre6.jpg
2017-04-12 post6.jpg

50代 女性の患者さま

Full-mouth reconstruction

動的治療期間 2年1か月でした。

バイトを上げ

左下のブリッジは7番8番を手前に移動して

ブリッジではなく1本の独立した歯とし

右下も8番を1本分移動して

4746の入れ歯もなくしました。

入れ歯はメンタル的にもイヤですもんね。

横顔もスッキリしましたね。

これから

歯周初期治療へ移行し

徐々に補綴をはじめて行く予定です。

将来が楽しみですね。

2017年3月31日

2017-03-31 pre.jpg
next2.png
2017-03-31 post.jpg

40代 女性の患者さま

オフィス・ホワイトニング症例です。

5min×3set

歯面研磨 術前シェード確認 写真撮影 施術 歯面研磨 沁み止め塗布 写真撮影

トータル1.5h 位です。

1.5hで身体にこれだけの変化を起こす処置ってそうそうないですよね。

素敵な口もとになりました。

2017年3月28日

2017-03-29 pre.jpg
next2.png
2017-03-29 post.jpg

80 代 女性の患者さま

老いるとは清潔感がなくなること

と言いますが

口もとがキレイになると

間違いなく若々しい印象になります。

保険治療のみですがイイ感じですよね。

歯がしっかりしていらしゃる方はお元気です。

2017年3月24日

2017-03-24 pre.jpg
next2.png
2017-03-24 post.jpg

前歯のCR修復症例です。

保険治療ですから

患者さまのご負担は1本1000円位ですね。

CP最高です(笑)

2017年3月22日

2017-03-22  pre.jpg
next2.png
2017-03-22 post.jpg

上顎左右1番 保険のHR(ハードレジン)前装冠です。

術前は金属イオンの流出により

歯茎が黒く変色して見えますね。

根の治療をやり直し

徹底的に除菌、漂白

イオン流出のないファイバーポスト(保険適用)で土台をつくり

前装冠をsetしました。

どうしてもレジンなので吸水性があり

将来的には艶がなくなってしまいますが

術前に比べればずっとキレイになりました。

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
すずき歯科・矯正歯科医院 院長 鈴木 茂行
http://www.suzuki-ortho.com/

すずき歯科・矯正歯科医院
院長 鈴木 茂行

【経歴】
1988年
日本歯科大学(東京校)卒業
1988~1993年
日本歯科大学矯正学教室
1993~1995年
目黒区審美歯科勤務
1995年
鈴木歯科・矯正歯科医院

【所属学会】
・FACE
(The Foundation for Advanced
Continuing Education)
 USA矯正学コース修了
・日本歯科臨床研究会矯正学インストラクター
・日本矯正歯科学会
・日本口腔衛生学会
・日本先進インプラント医療学会

【趣味】
サーフィン
お神輿