«  2017年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年7月11日

カリソルブ  

クロラミン反応により感染歯質のみを溶かすお薬です。

2017-07-11 175703_Face.JPG

どんな虫歯にも対応可能ですが

効果的なのが

修復物のつなぎ目からの二次カリエス

2017-07-11 180357_Std.JPG

左上6番7番の口蓋側のカリエス

通常ですと

麻酔をし、ある程度修復物を削ってカリエス除去~充填

もしくは修復物のやり替えになりますが

カリソルブですと

麻酔なし

2017-07-11 180518_Std.JPG

う窩に30秒作用させ

2017-07-11 181928_Std.JPG

専用の器具 (刃がついていません)で

感染歯質のみを除去

2017-07-11 182630_Std.JPG

器具の角度で歯肉は多少傷になります。

止血してからの充填

2017-07-11 185430_Std.JPG

マージンの研磨で出血してしまいキレイな絵ではありませんが

カリソルブ イイ感じです。

無麻酔なので術後の疼痛管理も容易ですね。


2017年7月 5日

前回のブログでも書きましたが

習慣性のかみ合わせの位置がCO

関節と筋肉のバランスがイイ位置がCR

理想はCO=CRなのですが

そんな状態の方はまずいません(笑)

顎関節症は疼痛、開口障害、クリックが三大徴候

顎関節の状態と筋肉のバランスが崩れた時に発症します。

治療法としては鎮痛剤の服用、咀嚼筋及び全身の関係している筋肉へのマッサージ

関節への負荷を軽減するように口腔内に

スプリント(ナイトガード)を製作することも多いです。

腰痛時のコルセットのイメージですね。

2017-07-04 190546_Std.JPG

装着時はすべての歯が当たるように作り

なおかつ、フルバランスのガイドを与えます。

最近、マウスガードをただプレスしただけのものを渡されている

患者さまが何人かいらっしゃいました。

0.1~0.2mm位で5~5であれば

歯ぎしり防止で用いることもありますが

2~3mmもある厚いものでは7番、最後臼歯の早期接触をつくるだけですので

余計に顎に負担をかけるだけです。

スグ外して下さいね。

2017-07-04 190729_Std.JPG

CO 習慣性のかみ合わせの位置です。

1月に顎が痛く、開かなくなり他医院にてプレスしただけのナイトガードを渡されたそうです。

全然良くならないので、当医院に来院されました。

2017-07-04 190804_Std.JPG

ナイトガードを装着したCRの状態。

下顎が4mm位後退していますね。

装着2週間ですが痛みはなくなりました。

まだ大きな口は開けられませんが

生活に不都合はなくなったそうです。

2017年7月 4日

2017-07-04 pre1.jpg
2017-07-04 post1.jpg

2017-07-04 pre2.jpg
2017-07-04 post2.jpg

2017-07-04 pre3.jpg
2017-07-04 post3.jpg

2017-07-04 pre4.jpg
2017-07-04 post4.jpg

2017-07-04 pre5.jpg
2017-07-04 post5.jpg

2017-07-04 pre6.jpg
2017-07-04 post6.jpg

2017-07-04 pre7.jpg
2017-07-04 post7.jpg

10代 女性の患者さま

前歯をキレイにしたいと来院されました。

普通に咬んだ状態では

見た目それほど上下顎のバランスは悪くないように見えます。

写真でも奥歯はほぼⅠ級のかみ合わせですが。。

資料を採ってビックリ

ANB +4.5°  full classⅡ

欧米でしたら外科症例の適応です。

最近の傾向ですが

下顎の成長不足による

相対的な上顎前突症例ですね。

上顎のみ4番抜歯

案の定、治療開始6ヶ月位で下顎がガクッと後退しました。

本来の筋肉位に戻った感じですね。

顎のリラックスポジションをCR

歯が最大面積で当たる、習慣的な顎位をCO と呼びます。

矯正だけでなく

歯科治療すべて CO CR の概念がないとトンチンカンな結果しか出せません。

削って 型をとって はい、噛んで~  じゃダメなんです(笑)

症例ですが

Ⅱ級仕上げ  OJを残したくなかったので

上顎前歯は口蓋側に傾斜気味です。

ただバイトも浅いので、そんなにストレスにはならないでしょう。

E-line もスッキリ 

よく咬めるようになり口輪筋が発達し 

メリハリのある口もとになりました。

2017年6月30日

2017-06-30 114258_Face.JPG
2017-06-30 114326_Face.JPG
2017-06-30 114445_Face.JPG
2017-06-30 114410_Face.JPG

約20年前に私が製作した総義歯を

ずっと使われていた患者さまです。

体調を崩され長く入院されて

多少ゆるくなった気がすると来院されました。

調整で痛くはなくなりましたが

やはりもっとフィット感が欲しいという事で

再製作いたしました。

同じ患者さまですので

顎堤の感じはほぼ同じ

また、歯列は使い慣れている形を周到しておりますので

パッと見は似ておりますが

そこには20年分の私の進化がございます(笑)

ぶしゅ~と音をたてて外す感じです。

全く歯のない状態の入れ歯は総義歯 フル・デンチャーと言い

部分入れ歯は局部義歯 パーシャル・デンチャーと言います。

おやじギャグで

今まで使っていた 旧義歯を英語で言うと

full-denture

フル(古)デンチャー。。。

2017年6月28日

2017-06-28 191435_Std.JPG
2017-06-28 191258_LowG.JPG

部分入れ歯には

クラスプと呼ばれる 歯にかけるバネが必要です。

一般的には金属のものですが

最近ですと

ノンクラスプと呼ばれる

バイオマテリアル熱可塑性樹脂でつくられる

審美性の高い入れ歯もございます。

ただ強度的にはレジン床のほうが優れています。

また、人工歯と樹脂が科学的に接着しないので

経年的につなぎ目が着色してしまう

樹脂自体が退色して白っぽくなってしまう等

ネガティブな要素もあり

個人的には

レジン床のほうが良いように感じています。

でも前歯に金属色は。。ちょっと。。と思いますよね。

で、こんな感じの透明なクラスプはいかがでしょうか?

2017年6月26日

2017-06-26 091242_Face.JPG

2017.6.25(日)

カリソルブ・ペリソルブ特別認定講習会

聴講に行って参りました。

カリソルブが世に出て16年ほどだそうで

色々な研究がなされエビデンスも確立した感があります。

当医院でも16年前より導入しておりますが

今回 知識のアップデートになりました。

興味深いのは

ペリソルブ 以下のようなメリットがあります。

・歯周ポケット内の菌が殺菌されるので、スケーリング時に人体に有害な菌が体内に侵入するの
 を防ぐ事が出来る。
 菌血症などの様々な病気の予防になる。

・スケーリングによる菌の飛散を防ぐ事が出来るため二次感染の予防が出来る。

・使いやすい。歯石、歯垢が溶かされ柔らかくなるので、患者さまの負担を最小限に除去できる。
 痛くない。
 術者の作業が容易になる。

・ペリソルブは人体に無害なので安心して治療を受けることが出来る。

・ペリソルブによって健康な組織に影響を与えず細菌に侵された部分だけを除去できる。

↑最後大切。

カリソルブ  ペリソルブ ともざっくり言うと

次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸の混合液で

クロラミン反応により感染歯質を溶解します。

その殺菌力はクロルヘキシジンの2倍以上!!

ペリソルブも導入決定いたしました。

歯周治療にまたオプションが増えました。

2017年6月23日

2017-06-23 pre1.jpg
2017-06-23 post1.jpg

2017-06-23 pre2.jpg
2017-06-23 post2.jpg

2017-06-23 pre3.jpg
2017-06-23 post3.jpg

50代 女性の患者さま

左上6番のやり替えを主訴に来院されました。

金属アレルギーをお持ちで

カリエス処置はCR(レジン)とセラミック(E-max)で仕上げております。

ジルコニアも金属アレルギーが出ない素材だと言われておりますが

金属イオンはジルコニアに含まれます。

だから強度があるわけで。。

イオン流出のないセラミックが安心ですね。

2017年6月17日


2017-06-17 pre11.jpg
2017-06-17 post1.jpg

2017-06-17 pre2.jpg
2017-06-17 post2.jpg

2017-06-17 pre3.jpg
2017-06-17 post3.jpg

2017-06-17 pre4.jpg
2017-06-17 post4.jpg

2017-06-17 pre5.jpg
2017-06-17 post5.jpg

2017-06-17 pre6.jpg
2017-06-17 post6.jpg

60代 女性の患者さま

初診時 う~ん歯医者さんがいそがしい時代の治療の数々。。

キレイ好きな患者さまでしたので

それなりに歯磨きも頑張ってる感はあるのですが

補綴物がひどすぎでプラーク・コントロールが出来ていない

歯周病により

奥歯の支持がなくなり 

咬む圧力が前歯をおして

歯が開いてしまっています。

歯周治療 根の治療をやり替えながら

1年矯正をして

力に抵抗出来るよう

歯を整直させ、隙間を整えました。

まだまだゴールは先ですが

とりあえずイイ感じですね。

2017年6月14日

2017-06-14 174435_Std.JPG

シンデレラ・スマイル

snap on smile とも言いますが

歯のウイックみたいな感じのものです。

あくまでもテンポラリーなものですので

面接やパーティーなどでの装着

審美治療前のイメージ作りにイイのではないでしょうか。

2017-06-14 174132_Face.JPG
2017-06-14 174012_Face.JPG

2017-06-14 174124_Face.JPG
2017-06-14 174020_Face.JPG


2017年6月13日

2017-06-13 155737_Std.JPG

右上7番のCR充填時の様子です。

当医院ではほぼ100%ラバーダム防湿をして

CR充填を行っておりますが

充填材のCRも患者さまごと 個別にパレットに出してから処置をしております。

充填器は当然どこの医院でも滅菌していると思いますが

2017-06-13 155935_Std.JPG

↑のように直接シリンジからCRを取ると

どんなに頑張って防湿していても

確実に次の患者さまに前の患者さまの唾液を移す事になります。。

CR充填材のムダはなくなり医院の経費削減にはなりますが

なんか気持ち悪いですよね。

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
すずき歯科・矯正歯科医院 院長 鈴木 茂行
http://www.suzuki-ortho.com/

すずき歯科・矯正歯科医院
院長 鈴木 茂行

【経歴】
1988年
日本歯科大学(東京校)卒業
1988~1993年
日本歯科大学矯正学教室
1993~1995年
目黒区審美歯科勤務
1995年
鈴木歯科・矯正歯科医院

【所属学会】
・FACE
(The Foundation for Advanced
Continuing Education)
 USA矯正学コース修了
・日本歯科臨床研究会矯正学インストラクター
・日本矯正歯科学会
・日本口腔衛生学会
・日本先進インプラント医療学会

【趣味】
サーフィン
お神輿