トップへ » 院長紹介 » 笑顔をつくる、という観点から治療を考える

笑顔をつくる、という観点から治療を考える

笑顔をつくる、という観点から治療を考える

こんにちは、すずき歯科・矯正歯科医院/ 院長鈴木です。

ところで皆さんの中に"口元にコンプレックスがある""もっと笑顔に自信を持ちたい"と悩んでいる方はいませんか?
当院のモットーは、"健康的な状態の回復はもちろん、笑顔をいっそう際立たせる治療"です。

笑顔をつくる、という観点から治療を考えるというのも、歯というものはたった数ミリの違いが、口元の印象を大きく左右します。単に噛めればいいといったレベルでは、たとえ機能が回復しても、見た目の美しさまでは回復しません。口元は、顔の三分の一を占める大切な部分。どんなに小さな妥協も許さず、笑顔をつくる、という観点からも治療することが大切だと思っています。

こうした緻密な治療をこころがけておりますので、治療を受けてくださった患者さまには本当に喜んで頂いております。"ずっとコンプレックスだった口元が見違えるように綺麗になった""歯がキレイだねとよく褒められる""素敵な結婚式を挙げられた" など、うれしいお言葉をよく頂きます。

人の顔の半分は、口元。目元をキレイにするよりも、歯並びをキレイに整える方が美人に見えます。つまり、美人のカギは、口元にあるといってもいいでしょう。

治療を終えて患者さまが見違えるほど笑顔になった瞬間は、本当に感慨深いものがあります。とくに"先生ありがとう"といってもらえたときは、涙が出るほど嬉しく思います。歯医者という仕事に就いて良かったなと思える瞬間です。


トップへ » 院長紹介 » 笑顔をつくる、という観点から治療を考える


コールバック予約