トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 歯周病

【歯周病治療】"歯肉が腫れる・血が出る"でお悩みの方へ

【歯周病治療】歯肉が腫れる・血が出るでお悩みの方へ

"歯がグラグラする""歯肉が腫れて痛い""歯ブラシをしたときに歯肉から血が出る""歯がグラグラして、前歯にすき間が空いてしまった""口臭がある"こんな症状が出る場合、まず歯周病を疑ってください。

このページでは歯周病とその治療方法についてご説明します。

<歯周病とその治療方法について>
歯周病とはなんですか?
歯周病の進行具合と治療方法について教えてください
歯周矯正治療例

歯周病とはなんですか?

歯周病とはなんですか歯周病は歯をささえる骨や歯肉の病気ですです。

たとえば家を想像してみてください。家も土台が悪いとぐらぐらして、ついには倒れてしまうでしょう?このメカニズムは歯周病も同じです。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います

近年の厚生労働省の調査では、成人約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。歯周病の症状は、最初はこれといった症状はほとんどなく、末期に近くなって症状が現れ既に手遅れの場合がほとんどです。

また最近では、歯周病と全身疾患との関わりも指摘され始めています。

糖尿病
ご存知の通り、慢性的に血糖値が高くなり、全身の免疫力が落ちる病気です。悪化するとさまざまな合併症を引き起こすこともある怖い病気です。

肥満
肥満の人は脂肪細胞によって全身の炎症が起きているため、歯周病の炎症を悪化させやすく、また、歯周病が起こす炎症が肥満を招く一因になるともいわれています。

脳卒中
血液中の歯周病菌がアテローム性プラークをつくり、それが原因で血栓が生じ、脳の血管にまで運ばれるなどして発症します。

早産/低体重児出産
低体重児は、体重が2500グラム未満で生まれる赤ちゃんのこと。未熟児ともいわれます。 血液中で、歯周病菌の毒素や炎症物質の濃度が高まると、子宮筋が収縮し、胎児が十分に成長していない状態で出産するリスクが高まります。

誤嚥(ごえん)性肺炎
口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで起こります。高齢者の死亡原因として多い肺炎です。口腔機能の衰えから高齢者には誤嚥が多く、口内に細菌が多いと、誤嚥性肺炎を招きやすくなります。

歯周病の進行具合と治療方法について教えてください

歯周病の進行具合と治療方法軽度歯周病
歯と歯肉の間に、プラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起こった状態です。歯肉の腫れや出血などを伴います。この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立ち、専門家が見れば歯肉にも炎症を起こしているのが確認されます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯も動揺してきます。この段階では、歯の表面に沿って歯肉溝の奥まで付着した歯石を取っていきます。痛みを感じる時は麻酔をして無痛状態の上で行います。さらに、数回にわたって除石を行い歯肉の状態が改善された後に検査を行います。

歯肉溝(ポケット)の深さが4mm以上あるところは、通常の手用器具を用いた非外科的な処置は見込めないため、歯周外科の適応となります。

重度歯周病
さらに進行し歯肉は化膿して、真っ赤に腫れます。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

歯周矯正治療例

【術前】
治療例


【術後】
治療例

歯周病にしてしまう原因はバイ菌の数と歯にかかる力の過重負担です。
クギを想像して頂きたいのですが、土台にまっすぐに立てたクギを打つと
キレイに入りますが、斜めに傾いたクギを上から打つと曲がってしまうか
土台がやわらかければ土台の方が破壊されてしまいます。
歯と歯周組織の関係も同様で、咬む力、歯にかかる力は出来るだけまっすぐ
土台に伝えることが、歯と歯周組織の健康に大切になります。

歯の周り、歯と歯茎のすき間の事を歯周ポケットと言います。
健全な歯周ポケットの深さは2mm前後です。歯ブラシでケア出来る限界の深さでもあります。
歯茎の検査時の数値を気にして下さいね。それ以上であれば定期的なプロのケアが必要です。
歯周ポケット中のバイ菌が増殖すると歯を支えている骨を破壊してしまいます。
年齢と共に骨の密度が少なくなり、ある程度の骨吸収は自然な事ですが、咬み合わせの
バランスを整え、プラークコントロールをしっかり行えば歯を失う事はなくなります。

症例は50代後半の方です。かなり歯周病が進行していましたがこれ以上悪くしない様
部分矯正(6か月)と歯周治療を行いました。
とても素敵な口元になったと思いませんか。

治療例
Y.Y様より
歯が1本抜けているようで長年気にしていたところ、紹介され矯正しようと思い立ちました。
70才にして口元だけ20才代になった様で本当にうれしい。
外の人には今更と言われましたけど、本人は満足。有難うございました。


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 歯周病


コールバック予約