トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 一般歯科(虫歯治療)

【虫歯治療】 なるべく削らず、痛みも少ない

なるべく削らず、痛みも少ない

患者さまへの負担を減らすことを第一に考え、当院ではなるだけ歯を削らず、健康な歯を残す方法をご提案します。また、麻酔方法を工夫し、できるだけ治療の痛みの少ない治療方法を採用しています。

このページでは当院の虫歯治療の特徴についてご紹介します。

<当院の虫歯治療の特徴>
できるだけ歯を抜かない・削らない
【2段階麻酔】 "痛みゼロ"を目指す
【カリソルブ】 薬剤で虫歯を除去。削らず不快感が少ない
保険治療症例

できるだけ歯を抜かない・削らない

できるだけ歯を抜かない・削らない虫歯を治療して欲しいけど、できるだけ歯は削りたくないもの。そこで当院では治療計画を立てる際、なるだけ歯を削らず、健康な歯を残す方法をまずご提案します。

一昔前の治療方法では、虫歯は削って治すという考え方が主流でした。しかし、現在では治療方法や素材は進化しており、たとえば初期の虫歯なら削らずフッ素塗布などの処理をおこなうだけで改善できるケースもあるのです。

歯は一度削ってしまうと、二度と元の状態には戻りません。当院では、患者さまの健康な歯をできるだけ残すために、常に最善の治療方法をご提案します。
できるだけ歯を抜かない・削らない

【2段階麻酔】 "痛みゼロ"を目指す

2段階麻酔 痛みゼロを目指す歯科治療では、痛みを抑えるために"麻酔"をかけますが、"麻酔そのものが痛かった"という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では麻酔を打つとき、表面麻酔をおこない、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを解消します。表面麻酔とは、皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるために行なう麻酔方法。患部に塗るだけで、だんだんと麻痺してきます。

また麻酔を注入するときは、麻酔剤を温めるなどの工夫を行います。より体温に近い方が、痛みを減らせるからです。ほかにも、できるだけ細い針を使用したり、麻酔が効きやすい場所に針を刺すなど、痛みを減らすためのさまざまな取り組みを行っています。

それでもとても痛みに弱い、治療に対して恐怖心がある方には笑気麻酔を嗅いで頂いたり、沈静剤を服用して頂き、リラックスした状態から麻酔にはいります。

【カリソルブ】薬剤で虫歯を除去。削らず不快感が少ない

薬剤で虫歯を除去。削らず不快感が少ないカリソルブとは、一言で言うと"虫歯を除去する薬"です。感染した患部のみを除去することができるので、歯を必要以上に削ることがなく、麻酔やドリルの使用も最小限で済みます。

しかし、初期の虫歯(C1、C2)にしか使用することができず、中期以上(C3)の虫歯や歯と歯の間の虫歯には効果はあまり期待できません。また、保険を適応することができないので、比較的費用が高額になってしまいます。

保険治療症例

【術前】
治療例


【術後】
治療例

ほぼ全ての歯と歯の間に虫歯がありました。
コンタクトカリエスと言って虫歯の好発部位です。
咬む力は最大で300~500kgあり、その圧力を歯及び歯の周りの組織が
負担しています。歯は硬い組織ですが、500kgの圧力にはさすがに変形し
隣どうしの歯がこすれ合いヒビが生じます。
ヒビ(クラック)にバイ菌が入り込みやがて虫歯にしてしまいます。
コンタクトの清掃には糸ようじ(デンタルフロス)をお使い下さいね。

全て保険の範囲での治療ですがキレイになりました。
当医院では可能なかぎり金属を使わない修復をこころがけております。
 治療例
【術前】
治療例


【術後】
治療例

もともと歯は弱かったそうです。
育児に追われ自分のことは後回しの生活を送っていたら
いつのまにか歯が。。。
でも大丈夫。どんな状態からでも回復は可能です。
大切なのはこれからの生活習慣ですね。

すべて保険の範囲での治療です。
時間はかかりましたが、歯も歯ぐきもキレイになりました。


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 一般歯科(虫歯治療)


コールバック予約