«  2018年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年9月 4日

2018-09-04 pre1.jpg
2018-09-04 post1.jpg

2018-09-04 pre2.jpg
2018-09-04 post2.jpg

2018-09-04 pre3.jpg
2018-09-04 post3.jpg

2018-09-04 pre4.jpg
2018-09-04 post4.jpg

2018-09-04 pre5.jpg
2018-09-04 post5.jpg

2018-09-04 pre6.jpg
2018-09-04 post6.jpg

2018-09-04 pre7.jpg
2018-09-04 post7.jpg

医療法が改正になってから

すっかりブログを書くペースが落ちてしまいました(笑)

1か月ぶりのブログ、症例報告です。

20代 女性の患者さま

ずっと歯並びを治したいと思っていたそうです。

就職し自分で治療費を支払えるようになり

スグ矯正したいと来院されました。

ほんとエライと思います。

DRも気合が入りますね(笑)

ANB+3.5° AngleClassⅡdiv2

下顎の成長不足による相対的上顎前突症例

上顎前歯が内側に向かって生えているため

側貌は術前でもそんなに悪くありません。

前歯がふつうに前に傾斜していたら

出っ歯 という感じになってしまうのですが。

横顔イイのですが

この前歯が舌側傾斜していると下顎の前方誘導を

規制してしまい、顎関節には一番ストレスの多いかみ合わせと言われています。

最近は相対的上顎前突の症例が多いですね。

かみ合わせには法則性があり

この症例の場合は上顎前歯を傾斜を整えて

出来るだけ内側に入れ

極力奥歯は現在の位置をキープ

逆に下顎は、骨の成長はもうありませんので

奥歯を前に移動させてⅠ級関係をつくります。

と言うことで

上顎4番 下顎5番 の4本抜歯

動的治療期間26か月

トータルフィー 907.200円

術後 全然イイですよね。

かみ合わせもOK

Profile もgood

完璧なスマイルです。

矯正をしっかり勉強したDRであれば

かみ合わせの作りはそう大差ないと思いますが

魅せ方がDRのセンスで違ってきます。


« 2018年8月 | メイン | 2018年11月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
すずき歯科・矯正歯科医院 院長 鈴木 茂行
http://www.suzuki-ortho.com/

すずき歯科・矯正歯科医院
院長 鈴木 茂行

【経歴】
1988年
日本歯科大学(東京校)卒業
1988~1993年
日本歯科大学矯正学教室
1993~1995年
目黒区審美歯科勤務
1995年
鈴木歯科・矯正歯科医院

【所属学会】
・FACE
(The Foundation for Advanced
Continuing Education)
 USA矯正学コース修了
・日本歯科臨床研究会矯正学インストラクター
・日本矯正歯科学会
・日本口腔衛生学会
・日本先進インプラント医療学会

【趣味】
サーフィン
お神輿