«  2014年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月29日

2013_1216k-prezb.jpg
next2.png
2014_0729k-post2.jpg
2014_0729k-post3.jpg
2014_0729k-post1.jpg

50代女性の患者さま

右上1番2番のジルコニア・ボンド修復です。

もともとメタル・ボンドが入っていましたが

経年によるマージンの露出、色、形態他。。気になりました。

オリジナルは右上2番が捻転していたそうで

1番2番の大きさのバランスが難しい症例ですね。

術前はキレイなラインを出そうとしていて、なんかアンバランスな感じがしました。

また、2番が前に傾斜し過ぎている印象です。

今回は無理に並べようとせず

2番は1番の後に少し隠れているような感じにしました。

また、この患者さまは上顎が水平面では右に上がっており

一般的な配列では、口もとが歪んで見えてしまうため

右1番2番を左より長くつくり

スマイルラインがキレイに見えるようにしました。

色の発色も、写真データを送り製作して頂いているので良い感じですね。

患者さまにも"おもいっきって、やって良かった"とおっしゃていただき嬉しく思います。

2014年7月25日

2010_1122wdpre1.jpg
next2.png
2014_07222wdpost1.jpg

2010_1122wdpre2.jpg
next2.png
2014_0722wdpost2.jpg

2010_1122wdpre3.jpg
next2.png
2014_0722wdpost3.jpg

2010_1122wdpre.jpg
next2.png
2014_0722wdpost.jpg

20代 男性の患者さま

上下顎前突(バイマックス)症例です。

顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪い時

歯が重なったり八重歯になったりしますが

歯が全体的に前へ傾斜した状態をbimaxと言います。

左上5番はすでに抜歯されていました。

臼歯部のコントロールが難しく

治療期間は少し長めで約3年かかっています。

ですが、術前と全然違うと思いませんか?

口もとのモッサリ感がなくなり、

シャープなスッキリとした印象になりましたね。


2014_0304pre.jpg
next2.png
2014_0718post.jpg

右上1番 メタルボンド症例です。

ジルコニアが登場するまでの代表的な審美修復です。

長い歴史があり、安定感は抜群です。

ジルコニアボンドに比べればですが

多少、透明感とマージン部の暗い影が気になるところですね。

症例は60代の患者さま

一部歯根破折とMBがメタルコアから脱離で来院。

根の治療をし直して

ファイバーコアにて根にやさしい支台をつくり

となりの歯と一緒のもので、と言うことで

メタルボンドにて修復しました。

全体的に、もう少し歯茎の状態が良くなると完璧ですね。

2014年7月 8日

2013_0202pre.jpg
next2.png
2014_0705post.jpg

2013_0202pre1.jpg
next2.png
2014_0705post1.jpg

2013_0202pre2.jpg
next2.png
2014_07052014-7-4post3.jpg

2013_020pre3.jpg
next2.png
2014_0705post4.jpg

2013_0202pre4.jpg
next2.png
2014_0705post5.jpg

マウスピース矯正症例です。

動的治療期間、約1年でした。

マウスピース矯正、この症例のように非抜歯で可能な場合や

デコボコがひどく、歯を並べると抜歯スペースがほぼ無くなるようなケースが最適です。

どんな症例も対応は可能ですが、やはり移動量の大きなケースでは

患者さま、DRともストレスがたまる場合が多いかもしれません。

症例ですが

歯の並びもキレイになりロックが解除され

リラックスした状態で咬めるようになり

横顔もよりスッキリしましたね。

2014_0708pre.jpg
next2.png
2014_0708post.jpg

TiON オフィスホワイトニング です。

薬剤作用時間15分

チェアータイム約1時間でここまでキレイになります。

最近安価なホワイトニングが多くみられます。

ex ポリリン酸ホワイトニング とか

着色を取るのと、歯質を白くするのとは違うと思うのですが。。

本来の歯の色の輝きを。。とか言われても

それクリーニングでいけるでしょと(笑)

でも、ホワイトニングと呼ばれていますね。

2014年7月 4日

2014_0704cinderella.jpg

お手軽に口もとの印象を変える

Cinderella Smile です。

2014_0704cinderella1.jpg
next2.png
20cinderella.jpg

5月位にテレビにて紹介されたらしいです。

埼玉県では取り扱い医院は9医院。東京は45医院あります。

この患者さまは、都内から来院されました。

シンデレラスマイルの症例を見て

当医院のが一番自然に感じたとおっしゃて頂けました。

どうでしょうか?

ステキですね。

患者さまにも喜んでいただけて嬉しく思います。

2014年7月 2日

2014_042pre-i.jpg
next2.png
2014_0702post-i.jpg

右上⑦6⑤のハイブリッド・ブリッジです。

目立つ5番6番はハイブリッドで白く仕上げ

応力の強くかかる7番は

破折のリスクを考慮してメタルでの仕上げとしました。

全て白くするにはジルコニア、ジルコニアボンドの組み合わせがベストですが

CP的にはこの設計が一番ですね。

2014_04pre-cr.jpg
next2.png
2014_0702post-cr1.jpg
2014_070post-cr2.jpg

12 11 21 の自費でのCR充填です。

切端が破折し、以前もCRで修復してありましたが

摩耗によりかみ合わせがしっくり来なくなったと来院されました。

どうでしょうか?

多少エナメル色が強いかなとも思いますがイイ感じではないでしょうか。

2014年7月 1日

2011_1014pre-o1.jpg
next2.png
2014_0701post1.jpg

2011_1014pre-o2.jpg
next2.png
2014_0701post2.jpg

2011_1014pre-o3.jpg
next2.png
2014_0701post3.jpg

2011_1014pre-o4.jpg
next2.png
2014_0701post5.jpg

2011_1014pre-o5.jpg
next2.png
2014_0701post4.jpg

50代 女性の患者さまです。

矯正は若いうちにしか出来ない

。。と思っている方がいらっしゃいますが

健康な歯周組織があれば幾つになっても可能です。

症例ですが、

すでに左上3番と左下4番は欠損。もうずいぶん前に抜いてしまったそうです。

上下顎の前後的なバランスの問題はなく

顎の大きさと歯の大きさの不調和による、叢生症例です。

右上下4番抜歯によるfull-mouth

動的治療期間約2年でした。

とてもキレイな口もとになりましたね。

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
すずき歯科・矯正歯科医院 院長 鈴木 茂行
http://www.suzuki-ortho.com/

すずき歯科・矯正歯科医院
院長 鈴木 茂行

【経歴】
1988年
日本歯科大学(東京校)卒業
1988~1993年
日本歯科大学矯正学教室
1993~1995年
目黒区審美歯科勤務
1995年
鈴木歯科・矯正歯科医院

【所属学会】
・FACE
(The Foundation for Advanced
Continuing Education)
 USA矯正学コース修了
・日本歯科臨床研究会矯正学インストラクター
・日本矯正歯科学会
・日本口腔衛生学会
・日本先進インプラント医療学会

【趣味】
サーフィン
お神輿