«  2013年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年3月27日

2013_0327E-max0001.jpg
next2.png
2013_0327E-max0004.jpg

36セラミック・インレーです。

キレイです。
レジンと違い変色、摩耗もありません。
唯一の欠点がメタルと違い、破折のリスクですが
バランスを考慮した形態を付与すればまず大丈夫です。

扱い慣れていないDRは敬遠しがちですが
とても素晴らしい修復ですね。

2013年3月22日

2013_0322MTM0003.jpg

45の挺出症例です。
歯根破折でコアごと取れて来院されました。
破折の程度にもよりますが
通常、歯根破折を起こすとかなりの確率で抜歯となります。

ですが

当医院ではしつこく歯根を利用出来ないかと考えます(笑)

ひとつの手段として根を挺出させ
マージンがケア出来る状態にして再度補綴を施す方法があります。
当然、歯冠歯根比は悪くなりますが
抜歯→ブリッジもしくはインプラントの選択よりははるかに良いのではないでしょうか。

挺出は矯正のなかではもっとも短時間で可能な処置です。

2013年3月12日

2013_0312aligner0001.jpg

マウスピース矯正
マウスピースのことをアライナー(Aligner)とも言います。

クリアアライナー
インビザライン
アソアライナー
エシックス
デンマウスピース
etc...

色々なシステムがありますが
基本はいっしょです。
模型上で歯を動かしたい位置にセットアップし
その状態でマウスピースを制作して
患者さまに使っていただきます。
システムの差は動かす量の計算の差であったり
マウスピースの材質、性質の差であったりしますが
基本、歯はどれだけ持続的な力が加わるかで動くスピードが変わります。
目立たなくて良いのですがDRとしては
なにか心もとない感じです(笑)

2013年3月 8日

2012_0730preceramic0001.jpg
next2.png
2013_0308postall-ceramic0002.jpg
2013_0308postall-ceramic0007.jpg

右上2番から左上3番 
メタルフレーム+セラミックからジルコニアフレーム+セラミックへのやりかえです。

TEKの精度がいまひとつでマージンに歯肉が微妙に乗っていました。
レーザーで除去(無麻酔でも痛くないんです)し、setしました。
歯肉が少し炎症を起こしていますね(汗)2~3日でキレイになるでしょう。

オールセラミック ひかりの透過がより自然でステキですね。

2013_0308press0002.jpg

通販の広告です。

見た目だけで判断されるなんて、
まっぴらごめん。

歳の数だけ磨いてきた内面だって少しは見てほしい。
だけど分ってる、それは自分の外見に自信がないから。
かくいう私だって第一印象で人を決めつけているし。
あの人真面目そうとか、明朗な人だな・・・とか。
長年の経験からか、その印象もあながち間違っていない。
きっと内面は外見ににじみ出るのだろう。

「キレイ」とは思われなくても、せめていい印象をもたれたい。
そのために何歳になっても一生懸命メイクしているんです、私たち。

だけどね、"歯"だけは化粧で隠せません。

好印象=清潔感。黄ばんでいたらやっぱり・・・ね。

ほら、歯の色だけで
こんなに印象が違う。

一般人も歯が命。
新しいママ友に、新しい部下に、新しい取引先の方々に
「はじめまして」(ニコッ)。

春、素敵な出会いがありますように。

ステキなコピーですね。
口もとはライフラインの全てが集まるところ。
そのひとの品性が一番わかります。

結果の出るホワイトニングを当医院でしてみませんか?

2013年3月 6日

2013_0209implant-yek0002.jpg
2013_0209implant-yek0004.jpg
next2.png
2013_0306implant0004.jpg

左下7番 IMPLANT です。

インプラント体
仮歯(TEK)
上部構造

の写真になります。

インプラント体のケアは難しいので
当医院では上部構造を仮着の状態で使って頂き
定期的にはずして
徹底的にケア(磨き、イリゲーション、レーザー等)を施しています。

2013年3月 2日

2012_0811pre0001.jpg
next2.png
2013_0302post0003.jpg

11 22 をハイブリッドにしました。
それに先立ち、12 21 をCRでsizeを大きくしています。

4前歯をキレイにしたいとのご要望でした。
考えられる選択肢として

1 矯正MTM→補綴
2 4本補綴 全てかぶせる?
3 11 22 のみかぶせる

最高の仕上がりは間違いなく1 の矯正+補綴なのですが
時間と治療費のチャージが一番大きくなります。
2も見た目はとてもキレイになりますが、歯の切削量が多くなり
最近のMIの考え方に反します。
結果、患者さまも3をご希望されたので
CR+ハイブリッドで仕上げました。
コストもあまりかからず良好な結果が得られたのではないでしょうか。

何事もバランスが大切ですね。

ここまで前歯が開いてしまうのも
奥歯と前歯の力の掛かり方のバランスが悪いからなのです。
その辺も考慮しての補綴を施しております。

« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
すずき歯科・矯正歯科医院 院長 鈴木 茂行
http://www.suzuki-ortho.com/

すずき歯科・矯正歯科医院
院長 鈴木 茂行

【経歴】
1988年
日本歯科大学(東京校)卒業
1988~1993年
日本歯科大学矯正学教室
1993~1995年
目黒区審美歯科勤務
1995年
鈴木歯科・矯正歯科医院

【所属学会】
・FACE
(The Foundation for Advanced
Continuing Education)
 USA矯正学コース修了
・日本歯科臨床研究会矯正学インストラクター
・日本矯正歯科学会
・日本口腔衛生学会
・日本先進インプラント医療学会

【趣味】
サーフィン
お神輿