«  2011年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年5月30日

歯周治療で獲得した健康を長く維持していくためにメインテナンスが有効であることは疫学的に証明されています。
歯周病の予後を調べる方法の一つに何年の間に何本歯を失ったか統計を取ることがあります。10年間で何本の歯を失ったか調べてみますと、診断はしたけれども歯周治療をしなかった患者さんは平均3.6本、歯周治療は一応したがメインテナンスに従わなかった患者さんは平均2.2本、動的治療もメインテナンスも受けた患者さんは平均1.1本というデータがあります。(Becker Wet.al.J Periodontal,55:505,1984)
何もしなければ10年間で3本、歯周治療を受ければ2本、メインテナンスまで受ければ1本の喪失歯数ということですから、ちゃんとメインテナンスまで受ければ失う歯は1/3ですむというのは患者さんにとって大変励みになる数字だと思います。
いったん歯周病にかかったことのある患者さんには歯周病菌が住み着いています。
この歯周病菌を根絶することはなかなか困難な事で細菌の種類によってはオペをしても比較的短期間で後戻りすることも知られています。長い歯周治療の結果、歯周病菌の数は激減しているはずですが、バイ菌はひそかに次のチャンスをうかがっているのです。
術後の細菌の後戻りはプラークコントロールの良い患者さんで数ヶ月、プラークコントロールの悪い患者さんでは数週間で起こるといわれています。
歯周病菌の復活を阻止すべく、患者さんのセルフケアーの維持と私達プロによる定期的なケアが必要になります。

当医院では新しい歯周病治療のかたち「LAPT」Laser Assisted Perio Treatmentを導入しております。
LAPTとは、アメリカ西海岸で生まれた技術であり、レーザーを用いた新しい歯周病の治療法です。レーザーにより歯周病菌を除去し、その後炎症を起こしている組織を除去し歯ぐきの再生や回復を促します。身体に負担の少ない患者さんに優しい治療法です。
詳しくはまたブログに書きますね。

2011年5月28日

全てキレイにやり直して欲しいとHPをご覧になり来院された患者さまです。
約1年掛かりでここまで来ました。
インプラント、ホワイトニング、オールセラミックス、ハイブリッドセラミックスと審美修復を行いました。
歯の色、形は勿論ですが歯ぐきのキレイさにも注目して頂けると嬉しいです(笑)

2010_02130001.JPG
2011_05280003.JPG

2010_02130002.JPG
2011_05280004.JPG

2010_02130003.JPG
2011_05280006.JPG

感慨深いものがあります。
がんばって通って頂いて感謝です。

審美歯科と言うと、なんでも削って被せて見た目を美しくする 
2回でキレイになります みたいな広告も散見しますが
かみ合わせのバランスを考慮しない修復は何処かに歪みがでてきます。
歯肉退縮であったり、歯冠、歯根破折であったり顎関節症などですね。
勿論通院回数は少ない方が良いのですが、時間をかけても将来やり変える必要のない
治療をご提供したいと考えます。

2011年5月27日

2011_0509.JPG
next2.png
2011_0527MB0002.JPG

右上3番と②1①②のメタルボンドブリッジです。
オールセラミックスが出るまではメタルボンドが審美修復の定番でした。
小さな白金で出来た冠の外側にセラミックスを焼付けて製作します。
金・白金のクラウンと同様に数十ミクロンの単位まで適合させる事が可能です。
強度も高い為ブリッジにも応用出来ますが、欠点として内面金属の光の反射によって
歯と歯ぐきの境目に黒っぽい影が少し出てきます。
アダルティなモデルさん達の歯と歯ぐきの境目が黒っぽいのは多分にこのためですね。

バランスのとれたキレイな見た目になりました。
今後細かい虫歯を治せばパーフェクトな口もとになりますね(笑)

2011_0527レーザー0001.JPG

v-loopが歯肉に埋まっています。
2~2番を後退させる時にv-loopを用います。
歯ぐきから0.5mm程離した状態でワイヤーを曲げているのですが
ワイヤーがアクティブになり変形すると、歯ぐきに食い込んでしまう事が
ごくごくたまーに起こります。
患者さまは全く痛みを感じていませんが、これではワイヤーが外せません。
通常ですと、レーザーが無ければ、麻酔をして切開するのですが

2011_0527レーザー0003.JPG

レーザーを用いると無麻酔で歯肉を蒸散する事が可能です。
痛くないんです。
不思議ですよね(笑)

2011_0527レーザー0004.JPG

出血もほとんどなく痛みは皆無です。
LASER素晴らしいです。
色々な事につかえますね。

2011_0527ceramicinlay0003.JPG
next2.png
2011_0527ceramicinlay0006.JPG

セラミック・インレーです。
前回のブログでも書きましたが、マージンを過不足なくしっかりつくるには
模型におこさなくてはなりなせん。
当然、シリコン印象による精密な型どりが必要です。

申し訳ありませんが保険でのインレー修復はアルギン酸での印象になります。

ハイブリッドも悪くないのですが、多少レジンの性質を含んでいるため
長い年月の経過で変色、吸水による軽度な強度の低下が起こります。
もちろん保険でのCR充填とは比べ物にならないレベルですが。。
その点セラミックは吸水性がない為、変色、強度の低下が起こりません。

キレイですね(笑)

2011年5月26日

2011_0516インレー0002.JPG
next2.png
2011_0525hbinlay0001.JPG
2011_0525hbinlay0002.JPG

奥歯の銀色の詰め物(インレー)のやり替えです。
補綴物(詰め物、被せ物)で重要な事はしっかり咬める事と
マージン(歯とのつなぎ目)が削ったラインにピッタリ一致している事です。
マージンがルーズだと、将来的にまた虫歯にしてしまいます。
保険の範囲でも、CRで白く修復する事は可能ですが
隣接面を含む場合はマージンを確認する事が出来ない為、型どりした場合に比べて
精度が落ちます。
隣接面を含むインレーではセラミックもしくはハイブリッドをお薦めしております。
金属イオンの流出による健康への影響もございません。
何回もやり変える修復はヤメにしませんか。
ちなみに保険の修復では2~5年でダメになると言われています。

2011_0511 CR.JPG
next2.png
2011_0525 CR0003.JPG

CR(コンポジットレジン)のやり替えです。
歯と歯の接触点をコンタクトポイントと言います。
咬む事により歯が変形しコンタクトポイント同士が擦れ合い、ヒビを生じます。
その微妙なすき間にバイ菌が侵入し虫歯にしてしまうのですね。
CR修復もコンタクトを含める事が多くあります。
しっかりとすき間をなくし、歯のキレイなカーブをつくるのは結構大変なんですね(笑)
写真は前歯3本のやり替えですが、直線的だった歯の形が
自然なカーブを描くようになっているのが分かって頂けますか?
術後スグの写真なので、研磨による歯茎から出血がまだありますね(汗)

2011年5月24日

2011_0524ceramicbrakets0004.JPG

parsonalized color matching for YOUR TEETH

当医院で使用しているセラミックブラケットは
どんな患者さまの歯の色にもスッと馴染み、まったく目立ちません。
「あまりに気づかれないので、自分から"ほらほら"って見せています」
実際に矯正をしている患者さまの多くが、笑いながらおっしゃいます。
素敵ですね。
矯正は健康と美をデザインしていくものです。
「私、矯正しているの。ステキでしょ。カッコイイでしょう。」
患者さまにもそう思っていただければ最高です(笑)

大人の方は以前からセラミックブラケットを選択される方が多かったのですが
最近では小学生でもセラミックを選択しますね。
やはり美しいものは子供にも分かりますね。

2011年5月17日

2011_0517ceramicbrackets0002.JPG

セラミックブラケットと白いワイヤーです。
全てが白いワイヤーという物はありません。
一時的に目立たない様にする、ガラス繊維で出来た透明なワイヤー?はあるのですが
力を発揮するワイヤーは基本的に金属になります。
エステティックワイヤーは金属の表面を白くコーティングしたものになります。

キレイですね。
少し離れたら矯正しているとは気付かれないかもです(笑)

2011年5月16日

■女の子は歯が命!オーラルビューティでハッピースマイル。
 2011年歯の健康シンポジウム

 来場者を女性に限定した2011年歯の健康シンポジウム(主催:日歯、協賛:
パナソニック株式会社、協力:小学館)が5月11日、「女の子は歯が命!オー
ラルビューティでハッピースマイル。」のテーマの下、都内のよみうりホール
で802名の参加を得て開催されました。
 基調講演1では、安井利一明海大学学長が「知っておきたい女性の歯と口と美」
と題して講演。安井先生は、歯周病に罹患した妊婦は早産や低体重児出産の可能
性が7倍であるなどとした上で、「1日1回は歯ブラシがしっかり歯に当たってい
るかなど鏡で確認しながら歯磨きを行い、美しさと活力の源である歯・口に磨
きをかけることが重要」と講演。
 基調講演2では、美肌師の佐伯チズ氏が「佐伯チズのハッピースマイル」と
題して講演し、きれいになる秘訣は食べてよく噛み、しっかり歯磨きする―な
どとし、「歯磨きの後はしっかりと口腔内を漱いでいる」と自身の習慣を披露して
下さいました。
さらに、
「願いは願わないと叶わない。歯も意識して磨かないときれいになら
ない。五感をフル活用して、美を追求していただきたい」
とおっしゃていました。
佐伯チズさん.jpg

 歯科衛生士の北原文子氏による「オーラルビューティ教室」を挟んで行われ
たハッピースマイルトークショーでは、安井氏、佐伯氏に加え、AneCan専属モ
デルの高垣麗子さん、CanCam専属モデルの山本美月さんを交えて健康で美しい女性
になるための秘訣などについてトークが繰り広げられました。

高垣麗子.jpg


山本美月.jpg

高垣麗子さん、山本美月さんともに美しいスマイルラインですね。
歯の見え方がとてもキレイです。

2011年5月 9日

2011年5月7日

新規開院致しました。
これも偏に皆様方のご支援の賜と深く感謝しております。
今後も尚一層研鑽を重ね皆様に支持される医院を目指し
スタッフ共々努力して参りますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

開院に向けてバタバタしておりまして
久しぶりのブログです(笑)

新医院の詳細は、HPをリニュ-アルする際にお知らせいたしますが
雰囲気だけでも伝わればと思い何枚か写真をUPします。

2011_0509newoffice0018.JPG
医院外観です。
南大通り沿い、大宮南小学校近くにございます。
2011_0509newoffice0009.JPG
待合室です。
南向きなので明るい陽が差し込みます。
2011_0509newoffice0001.JPG
ホワイトニング及びケアブースになります。
サロンの様にくつろぎながら施術をお受け頂ければと存じます。
2011_0509newoffice0016.JPG
デンタルユニットです。
写真が悪いですね(笑)
ドイツ製シロナ社のユニットになります。
歯科機材評価アワードで5年連続世界一を受賞しています。
人間工学に基づいた最高の座り心地。
世界で唯一のオイルフリー切削器具。歯面を油で汚染させないんです。
ローマ法王もシロナのデンタルチェアーで治療をお受けになりました。
このユニットのおかげでより精度の高い治療をご提供出来る様になりました。

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
すずき歯科・矯正歯科医院 院長 鈴木 茂行
http://www.suzuki-ortho.com/

すずき歯科・矯正歯科医院
院長 鈴木 茂行

【経歴】
1988年
日本歯科大学(東京校)卒業
1988~1993年
日本歯科大学矯正学教室
1993~1995年
目黒区審美歯科勤務
1995年
鈴木歯科・矯正歯科医院

【所属学会】
・FACE
(The Foundation for Advanced
Continuing Education)
 USA矯正学コース修了
・日本歯科臨床研究会矯正学インストラクター
・日本矯正歯科学会
・日本口腔衛生学会
・日本先進インプラント医療学会

【趣味】
サーフィン
お神輿