トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 治療費用について » かぶせ物・つめものの費用

かぶせ物・つめものの費用

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
イメージ 内容 治療費(税抜)
ハイブリッド・セラミック ハイブリッド・セラミック
8%のプラスチックに92%のセラミックの粉を混ぜて作った素材です。セラミックを極限まで混ぜる事によってプラスチックの欠点を隠し、セラミックに近づけました。しかしプラスチックの欠点を少し持ち合わせているため、つやが無くなったり多少の磨耗があります。耐久性や色の再現性、光の透過性もセラミックにはかないませんがコストはセラミックの約半分です。
かぶせ物:60,000円
つめもの大:40,000円
つめもの小:25,000円
オールセラミック オールセラミック1
まさに歯の工芸品ともいえるような最高の美しい仕上がりが期待できます。きれいな輝きがあり、天然歯との見分けも困難で、歯の削除量も最少です。
欠点は100%セラミックですので中に硬いシェルや金属の裏打ちがない分、耐久性に多少の不安がある事と、土台となる歯が変色している場合はその美しさを完全には表現できません。
かぶせ物:150,000円
ラミネート:120,000円
つめもの大:80,000円
つめもの小:55,000円
オールセラミック オールセラミック2(セラミックコーピング)
CADマシンで超硬質のセラミックやジルコニアを削ってシェルを作ります。
このシェルの外側にセラミックをきれいに焼き付けて完成です。このシェルは土台の歯の色を遮断するにもかかわらず、光を透過するという優れた特徴をもっています。審美性・耐久性のバランスがとれているため、世界中が現在注目しているオールセラミックです。
かぶせ物:125,000円
セラミック・クラウン セラミック・クラウン(白金コーピング)
小さな白金で出来た冠の外側にセラミックを焼き付けて作製します。
金・白金のクラウンと同様に数十ミクロンの単位まで適合させる事が可能です。強度も高いため長いブリッジなどにも応用できますが、欠点として内面金属の光の反射によって歯と歯ぐきの境目に黒っぽい陰が少し出てきます。
かぶせ物:100,000円
セラミック・クラウン セラミック・クラウン(E-MAX)
安価のオールセラミックです。色の種類が限られているので、細かな色合わせは不可能ですが,ハイブリッドセラミックより強くて美しさが持続します。
ブリッジには強度的に不向きですが、つめ物は可能です。
かぶせ物 :90,000円
つめもの大:55,000円
つめもの小:40,000円
ゴールド・プラチナ ゴールド・プラチナ
金・白金は冠として口腔内に使用するには最適のものです。耐食性・耐久性・適合精度も抜群、最も歯としてなじむ性質を持っていて、顕微鏡を使用して作製すれば数十ミクロンの単位まで適合させる事が出来ます。割れる心配もないので安心して使用できます。唯一の欠点は審美性で、目立つ所には使用出来ないことです。
かぶせ物 : 70,000円
つめもの大:55,000円
つめもの小:40,000円
保険の前歯 保険の前歯
前歯は保険治療内でも白い歯が可能です。パラジウム合金の表面に白いプラスチックを貼り付けたものです。プラスチックの歯ですから吸水性があり変色・磨耗・破折は避けられず、色のパターンも限られています。歯の削除量も最大で、銀イオン析出による歯ぐきの永久変色(黒変)もある程度覚悟しなければなりません。
経済性重視です。
約10,000円
保険の銀歯 保険の銀歯
保険適用の金属は2種類あります。銀合金とパラジウム合金です。銀合金は適合精度が悪く変色も著しいため当院では使用しておりません。銀合金に少し改良を加えたものがパラジウム合金で、少量の金を加える事でその性質を高めています。ゴールド・プラチナと比べると適合精度の妥協・重金属イオン析出による歯肉の黒変は覚悟しなければなりません。保険適用ですから経済的です。
約3,000 円~5,000円

トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 治療費用について » かぶせ物・つめものの費用


コールバック予約