トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 治療例 » 右下のみの矯正

右下のみの矯正

40代 女性 さいたま市大宮区
右下奥から2番目の歯を以前抜いてしまいそのままにしていました。

歯はお互い接し支え合い、その接点をコンタクトポイントと言います。
咬む力は最大で300~500㎏あり、咬むたびに歯の組織は変形しコンタクトポイントどうしがこすれ合い少しづつ削れて行きます。

また歯は前方へ動く性質があり、加齢と共に歯列は短くなります。
以前はキレイだったのに最近下の前歯が重なってきたとおっしゃる方がいらっしゃいますが
奥歯に押された結果ですね。
歯に対しインプラントは動かないため、時間が経つとインプラントと前方の歯との
コンタクトが開いてきてしまいます。
この問題をどう解決してゆくのかが今後の課題ですね。

【術前】
治療例

【術後】
治療例
  
この症例では一番奥の歯が1本分手前に倒れこんでいます。
倒れていると咬む力にしっかり抵抗出来ませんから、咬み合わせのバランスが崩れ色々な影響が出てきます。

右下のみ矯正装置を10ヶ月入れさせていただき奥歯をまっすぐに起こしました。(MTM)
その後、インプラントは怖い(笑)と言う事でブリッジにしています。


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 治療例 » 右下のみの矯正


コールバック予約