トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 治療例 » 矯正治療と歯を削らないブリッジ

矯正治療と歯を削らないブリッジ

【術前】
治療例

【術後】
治療例

上の前歯が2本足りません。
もともと歯の無い状態を先欠と呼び、近年歯が足らない方が多くなっている様です。
好発部位は下顎の5番、上顎の2番です。
将来的には顎も小さくなり歯の本数も少なくなるのではないかとも考えられています。
ただ現在は進化の過程ですので歯が足らない部位では、隣同士の歯の支えがないので
不安定になり動いてしまいます。結果咬み合わせのバランスも崩れてしまいます。

対処法としては矯正治療ですき間を閉じてしまう方法、
ブリッジ、インプラントなどですき間に歯をつくる方法があります。

この症例では矯正治療を1年(治療中は仮の歯を入れてすき間を目立たない様にしています)
行い咬み合わせのバランスをつくってから接着性ブリッジにてすき間を埋めてみました。
矯正のみですき間を閉じる、前歯を全て削ってしまいブリッジにする等色々考えられますが時間、歯の健康、治療費など患者さまと相談の結果、矯正+歯を削らない接着性ブリッジを選択しました。
バランスよくキレイになりました。


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 治療例 » 矯正治療と歯を削らないブリッジ


コールバック予約