トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » インプラント

【インプラント治療】 限りなく天然の歯に近い治療方法

限りなく天然の歯に近い治療方法

インプラントの最大のメリットは、"天然歯に近い噛み心地"

従来、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと食べることができます。
カケラを詰まらせる心配もないので、嫌な痛みもありません。部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がないのも、大きなメリットでしょう。

このページではインプラント治療について、ご説明いたします。

インプラントのメリットについて教えてください
インプラントのデメリットとは?
インプラントができないケースはありますか?
"インプラント""入れ歯""ブリッジ"との違いとは?
インプラント治療例

インプラントのメリットについて教えてください

インプラントのメリットについて教えてください"第二の永久歯"といわれるインプラントは、失ってしまった歯の部分にインプラント体を埋め込む治療法です。インプラントは、"入れ歯"と比較すると、以下のようなメリットがあります。

1.噛む力が自然歯に近い
2.お手入れが簡単
3.食事の間に抜ける心配がない

他にも、隣の健康な歯を削らずにすみますから、残っている自分の歯の寿命を延ばすことができる、咬んだときに、残っている歯にかかる力の負担を小さくできる、形が天然の歯に似ているので、入れ歯やブリッジに比べてお口のお掃除がしやすくなる、といった多くのメリット備えた理想的な治療方法です。

インプラントのデメリットとは?

インプラントのデメリットとは?噛む力が強く、見た目も天然の歯に近いインプラント治療は、多くのメリットを備えた理想的な治療法です。とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットもあります。

まず、インプラントを埋め込むためには、外科手術が必要です。そのため、手術を含めると、入れ歯・ブリッジに比べて、高額な治療費がかかってしまいます。

また、どなたでも治療できるというわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方は、インプラント手術ができない場合もあります。

歯を失った場合の治療方法はひとつではありません。入れ歯・ブリッジのメリット・デメリットを比較し、最適な治療方法をご提案いたします。

インプラントができないケースはありますか?

また、患者さまの顎の状態や生活習慣などによって、インプラントができないケースもあります。

<インプラントができないケース>
・重度の歯周病の方
・全身的な疾患(糖尿病など)があり、手術がそのものにリスクを伴う場合
・治療後の定期的なメインテナンスに来られない方
・ヘビースモーカーの方 ・あごが十分に発達していない18歳以下の方

とはいえ、骨を増やすなどの外科手術を行うことで、手術が可能な方もいます。ぜひ、一度ご相談ください。

"インプラント""入れ歯""ブリッジ"との違いとは?

インプラントインプラント
ブリッジと比べて、両隣の健康な歯を削る必要がありません。また、入れ歯と比較した場合、隣の歯にバネなどを引っ掛ける必要もないので残っている健康の歯が長持ちします。噛むチカラが強く、見た目も天然の歯と遜色ありません。

部分入れ歯部分入れ歯
両隣の健康な歯をほとんど削らずに済みます。とはいえ、バネで両隣の歯に止めるため、不安定で噛む力は弱くなり、硬いものが噛めなくなるといったデメリットがあります。 また、異物感が強いうえ、見た目も悪く、ものが挟まって痛い、入れ歯が合わなくて痛いなどのデメリットがあります。

ブリッジブリッジ
部分入れ歯に比べると安定しており、噛む力も回復するため自分の歯に近い噛み心地があります。とはいえ、ブリッジを支える両隣の歯を大幅に削る必要があります。また、噛み合せたとき両隣の歯に負担がかかるため、さらに歯を失っていく原因になります。

歯を失ってよく噛めない

そんな方にオススメなのがインプラント治療です。従来、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと食べることができます。カケラを詰まらせる心配もないので、嫌な痛みもありません。部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がないのも、大きなメリットです。

【術前】
治療例


【術後】
治療例

上顎はナチュラルデンチャー(金属のバネを使わない入れ歯)を使用。
左下に2本インプラントを埋入し、かみ合わせの再構築を行っています。
おいしく食事も出来、笑う時に口元を隠さなくなったそうです。(70歳 女性)

【術前】
治療例


【術後】
治療例

右上の犬歯(3番目の歯)がなく、4-(3)-2|のブリッジが入っていました。犬歯は歯列カーブの頂点にあり、顎を動かした時に一番力を負担してくれる歯です。 また犬歯の前と後ろの歯では傾きが違うため、常にねじる力がブリッジを支える歯にかかります。結果、歯を支える骨を溶かしてしまったり、歯の根が割れてしまう事が多々あります。この患者さまもよく歯茎が腫れていたそうです。犬歯部にインプラントを埋入し、各々単独にかぶせました。咬み合わせのバランスもとれ見た目も美しくなりました。

【術前】
治療例


【術後】
治療例

入れ歯が合わず良く咬めない。見た目が悪いし、口が臭ってないか気になってしまうと来院されました。
歯周病のケア後、咬み合わせの再構築を行いました。
上顎にはナチュラルデンチャー、下顎には左右インプラントを埋入しています。

以前は無意識に口元を手でかくして話をしていたそうですが、今は良く咬め、口臭も気にせず自信をもって人に会える様になったそうです。
また、旅行に行った時など、隠れて入れ歯を洗っていたのが、今はお友達に目立たない
ナチュラルデンチャーを見せていると笑っておっしゃてました。


インプラント治療のご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

関連ページ

一般歯科(虫歯治療)根管治療歯周病予防歯科矯正歯科
マウスピース矯正ホワイトニング・審美歯科インプラントCW療法
シンデレラスマイルヒアルロン酸総入れ歯・部分入れ歯治療例
治療費用について患者さまの声よくあるご質問医療費控除

カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » インプラント


コールバック予約